ルノーの車種サイズ|長久手のコーティングはニシムラ|ガラスコーティングやセラミックコーティングのご案内|車のコーティング

ルノーの車種サイズ
について

当店では洗車料金を公平に保つ為に『現行型』の体積(全長×全幅×全高)を基準に、形状を考慮したうえで、下記車種分類表に基づきサイズ分けを行っています。
旧型式の車も現行型のサイズ分けに準じます。

ルノーの車種サイズ

名前 サイズ
トゥインゴ S
ルーテシア M
メガーヌ M
名前 サイズ
カングー L
キャプチャー L
コレオス LL

上記一覧表にない場合

上記一覧表にない場合は車検証を見せていただき、全長×全幅×全高の計算式を基準にサイズ分けを行います。

SSサイズ:8.5㎥未満
Sサイズ:8.5㎥~10.5㎥
Mサイズ:10.5㎥~12.2㎥
Lサイズ:12.2㎥~14.0㎥
LLサイズ:14.0㎥~17.7㎥
XLサイズ:17.7㎥以上

車のサイズ(メーカー一覧)へ

ルノーの特徴とは

日産自動車や三菱自動車がルノーの傘下に入ったことは、記憶に新しい方が多いのではないでしょうか。
当時ルノーの副社長だったカルロス・ゴーン氏が日産のCEOとして来日し、日産自動車を見事に再建した様子は目覚ましく、連日ニュースで報道されていました。
「ルノー」は、フランスの自動車メーカーです。
1898年にルイ・ルノー氏が、自動車技術に関する発明をしたことをきっかけにその歴史が始まりました。
翌年には、「ルノー兄弟社」を二人の兄と設立します。
戦争中には自動車だけでなく甲装車や戦車、小型船舶、航空機などの生産も積極的に取り組みました。とくに戦車は高く評価され、勲章まで授与されています。
ルノーの車の特徴は、何といっても高い安全性を誇ることです。
横滑り防止装置が積極的に搭載されていて、厳しいテストにおいて高評価を叩き出し、その安全性が認められています。安心して乗れる車として、世界中の人から人気を集めています。
ルノーの社風として、先進技術に挑戦する姿が見られます。
それは創業者のルノー氏自身がそうであったように、チャレンジによって技術革新が生まれてきた経験を持っているからです。これからのルノーの活躍に対しても期待が高まります。

お問い合わせ・お見積り