光岡の車種サイズ|長久手のコーティングはニシムラ|ガラスコーティングやセラミックコーティングのご案内|車のコーティング

光岡の車種サイズ
について

当店では洗車料金を公平に保つ為に『現行型』の体積(全長×全幅×全高)を基準に、形状を考慮したうえで、下記車種分類表に基づきサイズ分けを行っています。
旧型式の車も現行型のサイズ分けに準じます。

光岡の車種サイズ

名前 サイズ
ライク S
ヒミコ M
ビュート M
ヌエラ L
名前 サイズ
リョーガ L
リューキ L
オロチ LL
ガリュー LL

上記一覧表にない場合

上記一覧表にない場合は車検証を見せていただき、全長×全幅×全高の計算式を基準にサイズ分けを行います。

SSサイズ:8.5㎥未満
Sサイズ:8.5㎥~10.5㎥
Mサイズ:10.5㎥~12.2㎥
Lサイズ:12.2㎥~14.0㎥
LLサイズ:14.0㎥~17.7㎥
XLサイズ:17.7㎥以上

車のサイズ(メーカー一覧)へ

光岡の特徴とは

光岡自動車は1968年に創業した自動車メーカーで中古車や輸入車のディーラーサービスも手掛けています。
創業者の光岡進は日野自動車のディーラーとして働いていましたが、最終的には日野自動車を退職して独立をします。
創業した当初は板金塗装や整備をするサービスを提供していましたが、他の地域から安価な中古車を仕入れて販売するビジネスモデルを展開していき、それが成長して会社の規模が大きくなりました。
その後社長の自動車への熱い思いが昂じて1979年に法人化してから開発部を設置して、昭和57年に「BUBUシャトル」を発売しました。
自社で開発した自動車だけでなくレプリカカーに興味を持つようになった光岡は1987年に「光岡・BUBUクラシックSSK」を発表しました。
その後もレプリカカーの光岡として名が知られるようになり2001年に参加基準が緩和されたこともあって東京モーターショーに出展しました。
そこでも独特なデザインが注目されて小さい会社ながらも要望を受けて市販化に繋がりました。
このように光岡自動車は車好きの社長の思いを形にして、他の日本の自動車メーカーにはないレプリカ市場を開拓していきました。
今でもオンリーワンの自動車メーカーとして人気があります。

お問い合わせ・お見積り