マツダの車種サイズ|長久手のコーティングはニシムラ|ガラスコーティングやセラミックコーティングのご案内|車のコーティング

マツダの車種サイズ
について

当店では洗車料金を公平に保つ為に『現行型』の体積(全長×全幅×全高)を基準に、形状を考慮したうえで、下記車種分類表に基づきサイズ分けを行っています。
旧型式の車も現行型のサイズ分けに準じます。

マツダの車種サイズ

名前 サイズ
スクラムワゴン S
AZワゴン S
フレア S
デミオ S
ベリーサ S
ロードスター S
アクセラ M
RX−8 M
マツダ3 M
RX-7 M
BR-Z M
名前 サイズ
マツダ2 M
アテンザ L
CX-3 L
アテンザワゴン L
マツダ6 L
CX30 L
CX-5 LL
プレマシー LL
CX-7 LL
CX-8 LL
MPV LL
ビアンテ LL

上記一覧表にない場合

上記一覧表にない場合は車検証を見せていただき、全長×全幅×全高の計算式を基準にサイズ分けを行います。

SSサイズ:8.5㎥未満
Sサイズ:8.5㎥~10.5㎥
Mサイズ:10.5㎥~12.2㎥
Lサイズ:12.2㎥~14.0㎥
LLサイズ:14.0㎥~17.7㎥
XLサイズ:17.7㎥以上

車のサイズ(メーカー一覧)へ

マツダの特徴とは

車を見てすぐマツダだと分かるくらいデザインにこだわっています。
他の自動車メーカーとは一線を画すマツダの車のデザインは、常に時代に合うエレガンスさを追い求めています。
余白がありながらもその中に美しさを見出して、幅広い年齢層からデザインがかっこいいと思ってもらうために、オリジナルのデザインの求められている本質を、一切の妥協を許さずに研ぎ澄まされたデザインに定評があります。
マツダはデザインだけでなく安全性能や環境に優しい車づくりを通じて走る喜びを感じることができる「SKYACTIV TECHNOLOGY」を開発しました。
他の自動車メーカーでは実現することができない世界一の機能を開発しました。それがSKYACTIV TECHNOLOGYです。
次世代の技術として全てのマツダの車の見直しを図りました。世界に目を向けているマツダだからこそ、この常識を覆す技術革新で他社との差別化を図ります。
SKYACTIV TECHNOLOGYからさらに安心・安全で運転ができるように、マツダの車を運転するドライバーが正しく状況の判断ができるように正しくすることをサポートしてくれる「i-ACTIVSENSE」などの安全技術も多くの人に支持されています。

お問い合わせ・お見積り